20代の女性が転職で必要となること。

20代の転職で1番大切なこと・・・それは折れない「心」。

 

昨今、社会人経験のある20代であれば転職はそれほど難しくありません。空前の売り手市場ですし、企業は第二新卒の受け入れ拡大を進めています。また、日本企業は若手の伸びしろを高く評価しますから、年齢だけで有利に働く場面もあります。

 

ですから、皆さんには自分を安売りせず一つでもステップアップして欲しい、私はそう願っています。

 

チャンスを掴むために必要なのは「折れない心」と、そしてちょっとした「作戦」です。

 

「作戦」と言っても難しい話ではありません。まずは皆さんが「何をしたいのか」、そして「何ができるのか」をはっきりさせることです。

 

それが企業側の思惑と合致すれば、割とあっけなく転職に成功します。

 

経歴書の書き方、面接の受け答えの仕方・・・様々なテクニック論が氾濫していますが、「何をしたいのか」と「何ができるのか」が整理されていれば、簡単に対応できるのです。実際、私の書類審査の合格率や面接の合格率は高かった思います。

 

異業種への転職だって可能です。

 

ですから、まず皆さんにしていただきたいのは、会社を辞める前に自分の経験やスキル、資格などを棚卸し、作戦を練ることです。

 

既に会社を辞めてしまっていたとしても、慌てて近くのハローワークに駆け込む、というのは考えものです(勿論、雇用保険を受け取るためにはハローワークに行くことが必要ですが)

 

精神的な余裕を失った状態で転職活動をしても良い結果は得られません。そこに必ず妥協が生まれるからです。

 

会社を辞めたい、辞める、辞めたという時はまず、当サイトの記事を軽く眺めてみて欲しいと思います。

 

そうしているうちに、冷静に状況を見ることが出来るようになると思います。

 

そこからでも転職活動は遅くありません。理由は(繰り返しになりますが)、20代の転職市場は非常に恵まれているからです。

 

まずは、選択肢を並べてみよう

 

皆さんの前には洋々とした未来が広がっています。そして、未来を切り開くための選択肢もまた多くあります。

 

ざっと主要な雇用形態を挙げると以下のようなものがありますが、20代であればどの形で仕事することも可能です。

 

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員

 

そして、企業の求人に応募するルートだけでも以下のようなものがあります。

 

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • 派遣会社
  • 企業のHP(直接応募)
  • フリーペーパー
  • 新聞折込チラシ

 

このように沢山の選択肢があると、迷ってしまう、決められない人も多いと思いますので、私が個人的なお勧めをするのなら、

 

「転職エージェントを使って正社員を狙う」になります。

 

私が転職エージェントをお勧めする理由は、自分の利用した経験から求人の質が良いと言えるからです。皆さんのスキルや経験にもよりますが、超一流企業に就職できる可能性も出てきます。私の職務経歴は大したことありませんでしたが、それでも超一流企業の求人に応募することはでき、書類審査、面接まで進みました(その後、個人的な理由でこちらから断りを入れました)。

 

また、大企業が多いので、インターネットや就職四季報などで比較的容易に情報を得ることができることもメリットです。勿論アドバイザーから詳しい情報を聞くこともできます。

 

そして、正社員をお勧めする理由は、やはり契約社員や派遣社員よりも給与や福利厚生の面で恵まれていることが挙げられます。

 

また、私が採用担当者だった経験からして、仮に皆さんが30代・40代になっても働き続けたいということであれば、正社員として就職できる可能性は、職務経歴が派遣ばかりの人よりも、20代に正社員で経験を積んだ人の方が高いです。責任が重い仕事の経験が評価されるからです。、

 

更に、できれば20代のうちに大企業へ転職することをお勧めします。なぜなら、教育のための仕組みが出来上がっていることに加え、ジョブローテーションによりキャリアの選択肢が広がるからです。加えて、職歴に泊が付きます。名も知らない中小企業の出身者よりも、大企業出身者の方が仕事ができるように見えてしまうのです。良かれ悪かれ、これが現実です。心理学で言うハロー効果です。

 

おすすめ転職エージェント・ランキング

 

転職サイトを使った転職も選択肢

 

転職サイトにはブラック企業が求人を出すこともあり、事前と企業研究と選択眼が求められるのですが、求人企業の中には大企業も多く、「転職エージェントを使うほど採用に予算をかけられないけど、ハローワークで求人を出したくない」という優良な中小企業が求人を出すこともあります。

 

また、まだ在職中で忙しいけど、どのような求人があるか見ておきたいというニーズに対しても、転職サイトが最適です。

 

おすすめ転職サイト・ランキング

 

ハローワークの使い方

 

ハローワークは企業でも利用が無料なこともあり、全国津々浦々の企業が求人を出していますので、求人数は圧倒的に多いです。

 

会社規模は中小企業が多いのですが、中小企業でも優良企業社は沢山ありますし、地元の求人が探しやすいというメリットもあります。更に、30、40代になっても仕事が見つけやすいというメリットもあります。

 

ただし、求人票と実際の労働条件が違ったり、ブラック企業が固定残業代を使って見せかけの高給与にしている求人もありますので、私は優先順位を下げています。

 

また、採用担当者の視点から言うと、ハローワークは失業率を下げることがその存在目的ですから、企業側が望まないような低スペックの人材でも送り込んでくることがあります。この点、ある程度フィルタリングがかかる転職エージェントとは大きな違いです。そのため、ハローワークから紹介された求職者に対してあまり良くないイメージを持っている企業もあります。そういった企業は転職サイトなどを利用するケースがあります。

 

契約社員として働くということ

 

契約社員は、1年ごとに契約更新するなど期間が決まっている場合(有期雇用契約)と無期限(無期雇用契約)の場合があります。

 

無期雇用契約の場合は、正社員と同じ仕事をしているのに昇進できず、給料も上がらないというイメージです。有期雇用契約の場合、更新がなければ、仕事を探さないといけませんので、不安定な立場に置かれます。通常、給料も正社員より低いです。ただし、社会保険や雇用保険には入ることができます。

 

特定の企業に思い入れがある、結婚して仕事を辞めるというのであれば、契約社員でも良いと思いますが、企業側の都合ばかりが目立つ雇用形態ですので、私はあまりお勧めしません。

 

雇い止めの可能性

 

有期雇用契約の場合、5年間勤めると無期雇用契約や正社員にしなさいという法律があり、これを避けるために5年になる前に契約を終了させることが横行しています。

 

これを雇い止めといい、現在社会問題となっています。これも、契約社員のリスクです。

 

派遣社員として働くということ

 

将来的に仕事をずっと続ける予定がないのであれば、超有名企業に派遣で行くことができるなど、派遣はメリットの多い働き方です。

 

しかし、正社員と同じ仕事をしているのにも給料が低くなるケースや、「派遣切り」というリスクもあります。

 

正社員になれる可能性と派遣切りの可能性

 

現在は「改正労働者派遣法」により、3年間派遣先の企業で働き続けると、別の部署で派遣を続けるか、直接雇用しないといけないと定められています。

 

しかし、派遣会社が派遣社員の年収の30%を「紹介料」として派遣先に支払うよう要求するケースが多く、追加の出費を嫌う企業が3年近くになると契約を終了させるという「派遣切り」が大きな問題となっています。

 

ですから、3年間同じ会社の同じ部署で働けば正社員になれる可能性もあるのと同時に、契約を切られる可能性があることは覚えておきましょう。

 

基本的には正社員になることを考え、将来的に仕事を続ける予定がない場合に派遣社員も選択肢に入れるようにしましょう。